2006年10月31日

2006年10月29日

♪PL〜青学〜(阪神!日ハム!)つ〜ぼ〜い〜♪

♪俊足飛ばーして♪
っていうほど足速くないぞ!と突っ込まれていた坪井が公を戦力外になりました。


続きを読む
posted by H5 at 20:51| Comment(2) | TrackBack(6) | Baseball, etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

修復不可能な溝?

ポスト・パンク・リバイバルとやらの隆盛で、今や全盛期を上回るリスペクトを受けまくっている(やや誇張)Duran Duranから初めてのオリジナル・メンバーの脱退です。


デュラン・デュランのアンディー・テイラーが脱退=「修復不可能な溝」

どっちかというとまだいたの?って感じなんですが、Andyさんがバリバリのハード・ロック少年だったのは有名な話で、ここまでお付き合いして来たことの方が不思議だったりします。

「修復不可能な溝」って、もっと早く気づけよwww



続きを読む
posted by H5 at 09:45| Comment(1) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

【今日のパ・リーグ】(10/26) 北の大地のファンタジー

ひょっとすると私たちはずっと夢を見ていたのかもしれない。
現実にしては、あまりにできすぎているから。



続きを読む
posted by H5 at 22:17| Comment(6) | TrackBack(2) | Pacific League 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

【今日のパ・リーグ】(10/25) 稲田が遂に全国デビューを果たした件について

とは言えテレビ東京系列で全国6局だけなのがカワイソス。
一応世帯カバー率は約7割になるそうですが。
ちなみに稲田の地元広島にはテレビ東京系列局はありません。



続きを読む
posted by H5 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(2) | Pacific League 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

【今日のパ・リーグ】(10/24) テレ朝の解説者が誰一人として解説しない件について

ま、栗山に真顔で解説されても困っちゃいますが。


日本シリーズ2戦目で久々の登板を果たし、多少試合勘が戻ったと思われるマイケルですが、今日もまた何事もなかったかのように三凡。

まだまだ本調子ではないようで。



続きを読む
posted by H5 at 22:44| Comment(2) | TrackBack(3) | Pacific League 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

【今日のパ・リーグ】(10/22) 公の試合勘の回復が早すぎる件について

試合勘って意外と早く回復するもんなんですね。
去年は4試合くらいでは戻らないと言われてたんですが、どうなってるんでしょうか?

特定チームだけ試合勘の回復が著しく遅いということは無いでしょうから、これはまだ試合勘が戻っていないのに勝ってしまったと解釈するしかありません。

セ・リーグ、レベル低(ry(予定調和)




続きを読む
posted by H5 at 22:46| Comment(1) | TrackBack(4) | Pacific League 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

公の有料紅白戦の入場料に妙な単位が紛れ込んでいる件について

先日17日、カンパ形式での有料の公開紅白戦を行ったファイターズですが、公式サイトに当日の入場料の集計が出てました。


10月17日紅白戦入場料について】(ファイターズ公式)

10月17日(火)に実施いたしました紅白戦で、ご入場の皆さまに、それぞれのお気持ちで投函していただきました金額の集計ができましたのでお知らせいたします。

<投函内容> 日本円 ¥9,414,115
韓国 10ウォン
米ドル $3.06
豪ドル $10.0
香港ドル $10.10
フィリピン 25センチモ


25センチモってw

旅行で換金できずに余った小銭入れてるんじゃねーよ。

ちなみに25センチモは約0.6円になります。


この記事によれば警備費と清掃費で約650万円かかるということですが、日本円で900万円以上集まったので、収支は黒字ということでしょうか。
2万人以上集まったようなので、一人当たり500円弱ということになります。
北海道の人たちは意外と気前が良いようで。

posted by H5 at 01:09| Comment(2) | TrackBack(1) | Pacific League 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

クス(ryはバレないようにやらないと意味ないだろ

凱旋門賞3着ディープインパクトから禁止薬物=フランスギャロが報告

何だ、クス(ry使ってもあの程度か(お約束)。

所詮エイシンチャンプ級ですから。


はっきりとしたいきさつはわかりませんが、さすがに一服盛られたなんてゆーことじゃないでしょうから、経験値の差が出たということなんでしょうなあ。

posted by H5 at 23:53| Comment(1) | TrackBack(1) | Gamble | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

漢・大道、讀賣へ

巨人無償トレードで大道を獲得

ええええええええええええええええ!!!

何てこった。

昨日、自分は「大道戦力外」エントリコメント欄

鷹ファンでもない自分がこの件に釈然としないものを
感じるのは、恐らく、昨年の鴎フロントの小坂放出と
同種の理不尽さを感じるからだろうという気がしています。
プレイスタイルもチームでのポジションも違いますが、
決して派手ではないもののチームに多大な貢献をして
来た「パ・リーグの匂いのする選手」という点では
この二人は意外と共通しているように思います。
勝手なこじつけかもしれませんが。


なんてことを書いたわけですが、まさかこんなオチがつくとは、自分でもビックリです。

小久保を迎え入れるために大道を売る。
口減らしということもあるのでしょうが、小久保の無償貸与期間が終わってしまったので、次は大道をお貸しするということなのかもしれません。
まるで朝貢外交ですね。


それにしても讀賣は、どーやってもパ・リーグ・オールスターチームを作らないと気が済まないようで、困ったものです。

posted by H5 at 22:10| Comment(10) | TrackBack(4) | Pacific League 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

黒歴史?

ロッテ、初FA補強も…日本ハム岡島ら候補

いろいろ突っ込みたいところはあるんですが、

 ロッテのボビー・バレンタイン監督(56)が16日、今オフにフリーエージェント(FA)選手の獲得に乗り出す可能性を示唆した。日本人FA選手の補強が実現すれば、球団初となる。



マイク仲田の立場は?

posted by H5 at 21:24| Comment(4) | TrackBack(0) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

【暴挙】漢・大道に戦力外通告【冒涜】

ソフトバンク、大道、宮地らに戦力外通告

漢・大道が自由契約ですって?


あ り え な いです。


ホークスフロントの神をも恐れぬ所業には驚くばかりです。

祟るぞ



続きを読む
posted by H5 at 18:36| Comment(4) | TrackBack(1) | Pacific League 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Class of 2000

引退した根市に関するエントリを書いていて、豊作と言われた2000年高卒ドラフト組がほとんど大成していないことに気づいたので、ちょっと調べてみました。


続きを読む
posted by H5 at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Draft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

さらば、ドラフトヲタの星

ペナントレースも終わり、今年のプロ野球もあとは東西対抗(とアジアシリーズ?)を残すのみとなりました(ご挨拶)。

さいんさんのところで知ったのですが、かつてのドラフトヲタ希望の星であり、数少ない生粋の東北出身選手としてイーグルスファンの期待をも集めていた根市が、遂に引退です。

楽天根市が任意引退選手に】(日刊スポーツ速報)
楽天・根市投手が引退】(読売新聞青森版)
≪根市が任意引退選手に≫】(スポニチ・囲み記事)



続きを読む
posted by H5 at 21:47| Comment(2) | TrackBack(0) | Pacific League 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

【今日のパ・リーグ】(10/12) フィナーレ

レベルの高いパ・リーグの覇者を決めるに相応しい素晴らしい試合でした。





続きを読む
posted by H5 at 23:11| Comment(8) | TrackBack(13) | Pacific League 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

【今日のパ・リーグ】(10/11) 公、いきなり王手

公、試合勘のハンデをモノともせず、快勝で優勝に王手!

鷹は2日前まで試合をやっていたのに対して、公は2週間も試合間隔が空いていたという圧倒的な試合勘の差がありながらのこの結果。素晴らしいです。

今日の公の勝利によって、日本のプロ野球界におけるこれまでの試合勘に関する常識が覆されたわけです。

つまり、去年の日本シリーズで試合勘がどーこーなどと言ってたチームは、単にレベルが低すぎただけなんですね。


正しい野球の見方を教えてくれて、ありがとうございました>公。




続きを読む
posted by H5 at 22:37| Comment(6) | TrackBack(3) | Pacific League 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

オルターナティヴ・ロックの王道を進む時代遅れのトータル・アルバム あるいは【アルバム評】Yo La Tengo "I Am Not Afraid of You and I Will Beat Your Ass"

I Am Not Afraid of You and I Will Beat Your Ass / Yo La Tengo

レイドバックしたノイズロック。
Yo La Tengoの音を一言で表すとしたら、そんな表現が相応しいだろうか。

と、問いかけたところで広い賛同を得られないであろうことは承知している。
Yo La Tengoのどこに惹かれるかの議論というのは、一種の哲学論争の領域にあるからだ。




続きを読む
posted by H5 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【今日のパ・リーグ】(10/9) 鷹、勝ち抜け

やはり最後まで試合勘の差が出ましたね(違)。


猫はプレイオフに入るまで試合間隔が10日も空いてましたからねえ。

それに対して鷹は8日しか空いてなかったわけで、不公平もいいところです。
昨年の日本シリーズでも明らかになったとおり、日本のプロ野球においては何はさておき試合勘が最も大事なのですから、こんな不公平なことが二度と繰り返されることがないようにしてほしいものです。




続きを読む
posted by H5 at 17:59| Comment(5) | TrackBack(2) | Pacific League 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。