2007年02月28日

オープン戦のレビューでもしてみようか

試合の映像を1秒も見ないで、活字情報だけでレビュー。

◇Yahooドーム
  | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 | R
鴎 | 0 3 0 0 0 2 0 0 0 | 5
鷹 | 1 0 0 0 0 0 0 0 0 | 1
【鴎】○呉(1勝0敗) 久保 成瀬 荻野 川崎 内
【鷹】●高橋秀(0勝1敗) 三瀬 森福 山村
【本塁打】

ニッカン式スコア


続きを読む
posted by H5 at 22:41| Comment(2) | TrackBack(0) | Pacific League 2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルーキー中東、捕手コンバート?

ルーキー中東 正捕手の可能性も!?

想定内、ですかね。


自分は、明治神宮大会で見たのが最初で最後だったので、ずっと捕手専門だと思ってました。
ドラフト候補で名前が出たときに「外野手」になってたので、コンバート?なんて思ってたんですが、本職は外野手で捕手コンバートは緊急措置だったんですね。
急造なのに社会人でも1年目は捕手をやってたようなので、センスがいいのでしょう。

石原より打てるかどうかはビミョーなところかもしれませんが、脚があるのは大きな武器になるでしょう。ランナーに出たら置物でしかない石橋より、攻撃のオプションが増えるのは好材料。
スローイングに大きな難がないようなら、使ってみるのは面白いかもしれません。
まあ、そのためには最低でも倉よりは打ってくれないと困りますが。

何にしろ、新戦力の上積みがあるというのは嬉しいことです。

例年この時期は期待の方が先行するので、楽しくなっちゃいますね。
このままシーズンインしなければいいのに(弱気)
posted by H5 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Carp | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

今シーズンの前田はきっとやるよ

キャンプは終了。
これから本格的に実戦モードに入っていきます。

ということで、各球団とも主力選手の動きが伝えられるようになって来てますが、カープでは、やはりこの人。

2000安打へ 前田走り抜く】(大本営)

この時期の大本営発表にありがちなヨイショ記事、ではありますが、この時期に走れると言うのは脚の状態が相当良いのでしょう。
少なくとも本人が不安に思っていないということが重要。

試合に出るよりも走りこむことに重きを置くという調整法が良いのかどうかは分かりませんが、本人が納得してやれているということに意味があるのでしょう。

納得と言えば、こんな報道も。

広島ブラウン監督「開幕オーダー」認める】(日刊スポーツ)
広島「07年オーダー」3番前田、4番新井、5番嶋】(スポニチ)

ひゃっほー。
全世界待望の3番前田が実現しますよ。

前田愛好家さんが書かれているように、初回に確実に前田に回るというのは相手からすると嫌でしょう。
前田ヲタ的にも、初回から前田を見られるというのは嬉しい限り。
3番の方が5番よりも打順が回ってくる回数が増えますし。

と、前田視点で考えるとこれが間違いなくベストなのですが、チームトータルで考えると粗いさんにかかる負担が大きくなってしまうので、良し悪し。
5番に前田がいたために真っ向勝負してくれていたことが好結果を生んでいた面はかなりあると思うので。

結局5番がポイントになるんですよね。
茶色は嶋がかなりオキニのようなんですが、できれば嶋は6、7番に下げて、5番にもっと勝負強い打者を置きたいところです。
とは言え、5番栗原でもイマイチ弱いですしねえ(讀賣戦ならいいですけど)。
本当はここに外国人を入れるべきだと思うんですが、今更言っても詮無いか。
posted by H5 at 21:46| Comment(2) | TrackBack(0) | Carp | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

ルーキーにプロの厳しさを教わったよ

注目のドラフト1位対決ということで話題になりながら、昨日は雨天中止となった鴎−鷲のオープン戦の再戦が、練習試合として本日行われました。

アジア最強の鴎打線としては、連日マスコミに祭り上げられて天狗になってるに違いない高卒ルーキーにガツンと一発プロの厳しさを教えてやる良い機会です。

っつうことで、大方の予想通り、プロの厳しさをたっぷりと教わりました

開幕ローテ引き寄せる快投 田中、2回無失点4奪三振
初対決は田中に軍配 練習試合に新人2人が先発

今日の投球の映像は見てませんが、あのスライダーはロッテ打線では打てないでしょう。今年も若手育成に余念がないようです。
パ・リーグの若手投手にとっては頼もしい存在ですね。

田中も鴎打線をちょっと抑えたぐらいで自信を持ってもらっては困ります。

何しろ、杉内が普通に投げれば大丈夫なのですから。



一方、鴎の方のドラ1は散々な結果だったようで。

貴重な経験糧に成長誓う 大嶺、苦い実戦デビュー

映像は見てないのですが、容易にその光景が想像できますね。
ピッチングがどーこー以前に覚えなきゃいけないことが山のようにありそう。

今年の高卒ルーキーは比較的レベルが高いようですが、どーやらババを引いたみたいです。
まあ、黒滝が当たりっぽいんでチャラということで。


posted by H5 at 23:41| Comment(4) | TrackBack(0) | Pacific League 2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

ノリ、中日入り決定

中村紀の中日入団決定 育成枠で年俸4百万円
静かに語る入団の喜び 中村紀
魅力的だった低年俸 急務の右打者補強も合致

ホームラン王と打点王計3回の日本を代表するスラッガーが年俸400万ですよ。
空気を読まず、うまくやりましたね、中日さん。

ま、ここが球界の暗黙の合意を反故にするのは初めてのことではないので、驚くには値しないのですが。
犯罪起こしたわけじゃないですしね。

形式上育成選手ということになってますが、早い時期に正式契約となるでしょう。
チーム事情を考えれば、チャンスがないということはないはず。
あとは本人次第。

いろいろあったけど、ガンガレ。


今はそれだけ。

posted by H5 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(1) | Baseball, etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福西の存在の大きさを感じたプレシーズンマッチ

練習試合 東京ヴェルディ1969と引き分け】(瓦斯公式)

緑とのプレシーズンマッチ。
タダなんで見に行こうかと思ったんですが、ガキどもの練習時間と合わないのでパス。
サカーはひとりで見に行く気はまだしないんですよね。



続きを読む
タグ:FC東京
posted by H5 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | FC Tokyo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

心ある県外のファンがカープを支えている

広島球団決算、32年連続黒字=グッズ好調、観客減など補う

 プロ野球、広島球団の2006年決算が黒字になることが21日、分かった。セ・リーグで初優勝した1975年以来32年連続の黒字となった。
 観客動員は2年連続で100万人を突破したが、約4万人減。放送権料収入も前年比で18.4%減ったが、これらをグッズ販売の増加で補った。「ブラウン(監督)語録カレンダー」が7万5000部を完売したほか、ファンらと共同開発したグッズも展開。県外からの購入者も増えたという。
 


32年連続ってのは凄いですね。
ケチケチと言われるけど、単にケチなだけじゃなくって、知恵も使ってるということです。
ただケチなだけじゃあ、こんなに長く黒字を続けられないでしょう。
これで強ければもっと胸を晴れるのですが、身の丈にあった経営を続けているということは誇って良いことだろうと思います。

グッズ収入が増えたのは、このところのユニークなプロモーション活動の成果だろうと思うのですが、それが地元の観客増には結びついていないところが寂しいところ。

最後の一行、県外からの購入者も増えたというのは、広島出身者を中心にカープのファンが全国に数多く存在するという嬉しい現象の証明である反面、常々感じている地元にいないカープ・ファンの方がカープに貢献している傾向が強いということも示唆しているように思えます。
自分も広島にいたときは大して熱心なファンでもなかったので、偉そうなことは言えないのですが、広島県外在住のカープ・ファンとしてはもっと広島在住のファンが市民球場に足を運んで欲しいと思うのみです。


posted by H5 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Carp | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IEだとレイアウトが乱れる…

デザインをいじってないのに今朝からIEでのレイアウトが乱れてます。
デザイン替えてみたのですが、相変わらず乱れてます。

わけわからん。

ちなみに自分は普段はOpera使ってます。
Operaだとちゃんと表示されてます。


ま、いいか。


追記:IE7にupgradeしたらきちんと表示されました。
っつうことでIE7推奨w
嘘です。IEなんか使うなよ。
posted by H5 at 23:04| Comment(1) | TrackBack(0) | Misc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨夜、3年半ぶりに某ビリスレに許さんが降臨してました

檻の名称変更について、昨夜3年半ぶりに活した許さんのコラムが、自分が感じている思いをほぼ代弁していたので、こちらに転載しときます。



続きを読む
posted by H5 at 00:22| Comment(4) | TrackBack(1) | NPB Restructuring | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

限界シリーズ ザ・ジャムはどこまでザ・ジャムなのか

ザ・ジャム、ポール・ウェラー抜きで再結成!UKツアーに続き新作も計画中】(CD Journal)

いや、さすがに、それは無理だろwww

ポール・ウェラー抜きのザ・ジャム、って、ジョージ・マイケル抜きのワム!みたいなもんじゃないか<そこまでひどくはないか?
個人的にはあの味のあるRick Bucklerのドラムをまた聴いてみたいと思ったり思わなかったり。
とか言いつつ、新作アルバム出たら買っちゃうんだろうなあ。


In the CityThis Is the Modern WorldAll Mod Cons
Setting SonsSound AffectsThe Gift

posted by H5 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

オリックスは球団をいくつ殺せば気が済むのか

「バファローズ」今季限り?

1988年からしか掲載されていない球団史
「大阪近鉄バファローズのヒストリーはこちら」と書かれたボタンをクリックすると、こちらも1988年から始まっている。

ふざけている。




続きを読む
posted by H5 at 22:11| Comment(5) | TrackBack(3) | NPB Restructuring | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「前田坊や」の企画に天才前田の気概を見た

今日はネタがいっぱい。

変身「前田坊や」Tシャツ 応援セット近く発売


ルパートジョーンズさんのmixi日記経由で知りました。

「前田坊や」なんていうから最初前田健太のことかと早とちりして、高卒ルーキーでいきなりグッズ発売かよなんて思ったのですが、まさかこんなオチとは。


続きを読む
posted by H5 at 21:47| Comment(4) | TrackBack(0) | Carp | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渡辺俊介に変なものが憑いていそうな件について

日刊ゲンダイネタ続編。

裏一面の清原ネタ以外のパ・リーグネタとしては、鴎の渡辺俊介ネタが載ってました。

「ぎこちないフォーム」目指す渡辺俊とナインの関係がぎこちなくなっている
だそうで。

左打者対策として、左打者のスローカーブのような軌道を目指してチェンジアップ習得に勤しんでいるものの、ナインは「それより持ち球を磨くのが先だろう」と首をかしげているとか。

さらに

クレージーな発想はこれだけではなかった。渡辺俊は不調に終わった昨季から何とも奇妙な練習に取り組んでいるという。
「投球フォームをわざとぎこちなくするというのです。『好成績だった05年は体の調子が万全ではなかった。昨季は、野球人生で一番体調が良かったのに打たれた。何でなのかと考えた結果、体が動きすぎるからという結論に落ち着いた』と言って、意識的に関節の可動域を小さくするトレーニングを重ねている。オフには『ようやく(フォームが)ぎこちなくなってきた』と喜んでいました」(球団関係者)


頭、大丈夫?

やっぱ、クス(ryが足りないんですかね?


何ていうか、この人って、圧倒的にセンスを感じないんですよね。
努力してるのはわかるけど、無理っぽい感じ。
posted by H5 at 21:14| Comment(2) | TrackBack(0) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【今日の日刊ゲンダイ】(2/20) 清原 コリンズ 殴り合い寸前

このところずっと裏一面はメジャー情報でしたが、今日は久々にキャンプ内紛情報。
しかも、お得意の清原ネタです。
さすが、日刊ゲンダイ、コアな読者が何を求めているのか、よくわかってます。


題して、

清原 コリンズ 殴り合い寸前

やはり日刊ゲンダイはこーじゃなくっちゃ。


続きを読む
posted by H5 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Tabloid | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

リアル「ドキドキしただろう?ハッハッハッハ」

ドキドキしただろう?ハッハッハッハ
某炎上スレより
(大本は鴎公式サイト)。

     (ヽ_        /)
   ((⊂ iつ ∧_∧⊂ i つ))
   /∠彡(Θ щ Θ)_ゝ\  < ドキドキしただろう?
  ( ___、     ,___ )   ハッハッハッハ
        |  30 /´
        |    /




ワロタ
posted by H5 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「風雲!たけし城」はアメリカで放映されているんだそうだ

久々にカープの話題(かな?)

フェルナンデス感激「たけし城のファン」

今や各紙のカープ番記者にとってはなくてはならない戦力と化している新外国人フェルナンデスがまたネタを提供してくれてます。

まさに風雲児? フェルナンデスが、日南キャンプを訪問した東国原宮崎県知事と感激の対面を果たした。知事がかつて出演していた「風雲!たけし城」(TBS系列)の大ファンで、吹き替え版を来日直前までDVDで繰り返し見ていたほど。日本でテレビを見てすぐ「あのカツラをかぶっていた人だ」と気付いたという。知事の訪問を知ると、関係者にインスタントカメラを買いに走らせ、一緒に記念写真に収まった。「とにかくハマッているんだ。グッドTVだ」と興奮気味。ちなみにブラウン監督も「あの番組は私もよく見ていた」。


だそうで。

へえ。

何でアメリカ人が「たけし城」なんて見てるんだ?と思ってWikipediaで調べてみたら、「風雲!たけし城」は2003年4月よりアメリカで「Most Extreme Elimination Challenge」として放映されているとのこと。

他にもイギリスやスペインでも放映されてるらしい。
意外と国際的なのね。
確かにこの手の番組は、言葉はわからなくても、馬鹿馬鹿しさは伝わりますからね。
ある意味万国共通の笑いなのでしょう。


で、亜仁丸レスリーは何やってるんだろ?

posted by H5 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(1) | Carp | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【今日の日刊ゲンダイ】(2/19) キティ害知事は氏ぬべきだ

今日も裏一面は松坂。

表一面には「松坂欠陥露呈」などと出てますが、単に松坂の投球練習を見た正捕手バリテックが「腕の振りはいいが、体の軸がぶれることがあった」と指摘しただけのことでした。
さすがに東スポには負けますが、いかにもタブロイド夕刊紙らしい見出しと言えるでしょう。
これ以外にも松井、井川、桑田、斎藤の話題など、メジャーキャンプ開幕でメジャー速報に一段と力が入る紙面作りとなっていますが、そんな中で今日のハイライトは東京マラソンに絡めたキティ害知事批判でしょうか。

いきなり表一面の一番目立つところに慎太郎 大迷惑 東京マラソンとデカデカと銘打ってますし、社会面とスポーツ面の双方で批判記事を載せる周到さ。

 都心の混乱はすさまじかった。通行止め道路は610本、標識変更は900ヶ所。何時間も“封鎖”されたコースの沿道は、応援や見物と関係ない人まで規制され、「道を横断させろ」と怒鳴る通行人と大会関係者の小競り合いがアチコチで繰り広げられた。
「人形の久月」など商売あがったりの商店街も多い。都は「渋滞はなかった」と言うが、外出や車に乗るのを諦めた人が多かっただけだ。
(中略)
それでも石原知事はウハウハだろう。今回のレースの本当の目的は4月の都知事選前の大宣伝。「(中略)大会を中継したフジテレビでは二男良純氏がリポーターを務め、テレビ画面には親子揃って映し出されるシーンもありましたよ」(都議会関係者)
「(中略)オリンピックに向けたイベント関連予算も、今年の6億円から来年は17億円に増額される。四男が関わっていた美術館といい、都政の私物化もここに極まれりです」(政界事情通)


……参加者からは不満の声が続出だった。
「雨が降る寒い中、スタート地点で待たせすぎ。8時45分に整列させられ、スタートは9時10分。さらいに、それから自分のスタート順が来るまで20分。結局45分間も立ちっぱなしで、風邪引きそうでした」(30代・男性)
「トイレがなくて困りました。トイレ地点はいつも長蛇の列。何十分も待つ羽目に。男の人は列から外れてしてましたが、女性にはちょっとツラかった」(40代・女性)
「給食ポイントなのにバナナなどの食料が一切なかった。大会とは関係のないボランティアが配っていたチョコや氷砂糖にみんな群がっていました。それでいてゴールしたら段ボールにバナナが大量に置いてあり、文句ブーブーですよ」(50代・男性)
さらに市民ランナーの参加費は一万円とバカ高である。(中略)
 また、東京都民も大迷惑を被った。
 都心へのクルマは進入が規制され迂回路に。場所によっては最大7時間の通行止めとなった。178万人が沿道で声援を送ったが、こちらも横断歩道を渡れずに右往左往するお年寄りが続出した。


うーむ。
そりゃあ、何と言っても日刊ゲンダイですからツッコミどころはたくさんありますが、このキティ害がやってることがとんでもないことばかりだというのは紛れもない事実でしょう。

まあ、このキティ害がやったことの中ではむしろ理念としてはマシな部類に入るとは思いますが、土台他人への配慮などには知恵が回らない低脳が運営の責任者なわけですから、まともなものになりようがありません。
一刻も早く氏んでくれると助かります。
まあ、いくら批判しようが、あのキティ害は理解力も学習能力も全くない池沼なので、いかんともし難いのですが、こんな状況でもまだあのキティ害を支持するキティ害仲間が40%以上もいるようなので、もっともっと悪行を暴き立てていって欲しいものです。

posted by H5 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Tabloid | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

発掘あるあるFeelies

書庫というかCD倉庫を漁ってたら、The FeeliesのCDを発見。
発見っつうか、別に誰かが隠してたわけでも、変な場所に埋もれていたわけでもなくて、偶々目に入ったというだけなのだけど。

Only LifeOnly Life / The Feelies


3枚目の"Only Life"。
うちにあるThe FeeliesのCDはこれだけのはず。

何故これだけなのかというと、1枚目と2枚目はアナログで持ってたからだろう。
1,2枚目をCDで買い換えてないのはこの3枚目があまり好きじゃなくって、興味を失ったからだと思う。
当時はDinosaur JrやSonic YouthやPixiesなんかが好きだったんだな。

でも、今改めて聴き直してみると、これがイイ!

このビミョーなヘタウマ感がものすごく心地良く感じられるようになったのは、おそらくDinosaur JrやPixiesを経てグランジを通過したからなんだろう。
成長したわけではなくって退化というか単なる懐古趣味のような気はする。


Amazonでチェックしてみたら、The Feeliesのアルバムは全部、廃盤のようだ。

今、2ndが無性に聴きたくて仕方ない。

復刻、プリーズ。
タグ:ロック
posted by H5 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

【今日の日刊ゲンダイ】(2/15) 松坂は時差ボケに弱かった

今日も裏一面はメジャー関連。
とは言え、今日は井川にはあまり動きがなかったようで、松坂の記事だけ。

しかも、いきなりタイトルが

松坂時差ボケ弱かった

でした。


この日の練習をわずか1時間で終了させた松坂、所属事務所を通じて出されたコメントによれば、「いつもより体が重く、体内時計はロサンゼルスのまま」なんだそうで。

ロサンゼルスとキャンプ地のフロリダの時差は3時間。
移動2日目で時差ボケが残っていると主張してますが、たぶん単純に夜更かししただけなんじゃないかっつう気はします。
もしくは単にサボっただけかもw

サブタイトルで米大陸横断の遠征に不安残すなどと書いてますが、そんな深刻なもんじゃないでしょう。
まさに書くに事欠いて、という感じの記事ですね。

続きを読む
posted by H5 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Tabloid | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

【今日の日刊ゲンダイ】(2/14) 広島が中田を獲らない理由は…

昨日も今日も裏一面は松坂と井川の自主トレ情報。

夕刊紙ならではの時差を生かしたメジャーリーグ速報ですが、シーズン中、もしくは百歩譲ってもキャンプ中ならいざ知らず、自主トレ期間の一挙一動を速報する必要があるのか甚だ疑問です。

っつうことで、今日の記事紹介は人気コーナー(?)「ウの目タカの目」。
今秋のドラフトの目玉と目される中田の話題です。

器がデカすぎる

デスク 大阪桐蔭の中田って選手がすごい評判だな。
記 者 メッツの極東スカウトも徹底マークって言ってましたね。
デスク そんなにいいのか。
記 者 何でも中学時代、広島球場のライトスタンドに放り込んだそうです。
デスク 左打者か。
記 者 右です。外の球をぐーっと押し込んでライトスタンドに運んだそうです。
デスク プロでもなかなかできないか。
記 者 パワーはもちろんすごいけど、技術もあるってことじゃないですかね。
デスク 誰以来だ。右の中学生で右翼席に入れたのは。
記 者 ベテラン記者に聞いても思い出せないそうです。
デスク いくらカープの本拠地は狭いといってもなあ。じゃ、地元は大変だな、今秋のドラフトでは。
記 者 それが……。
デスク それが何だよ。
記 者 広島は指名しないって話ですよ。
デスク どうして?カープは高校生を育てるのが上手じゃないか。
記 者 それはそうなんですけど…。
デスク 大学、社会人ならともかく、高校生は誰でも指名できるじゃないか。広島出身じゃないのか?
記 者 広島出身ですけど、なにしろ地元の高校が取らなかったほどですから……。
デスク 広島球場じゃ狭すぎるっていうのか。
記 者 いろんな意味で器に入らないってことじゃないですか。
デスク 分かったようで分からん話だな。


うーむ。確かにイマイチよくわかりませんが、要するに素行に問題があるから獲らないってこと?
それだけじゃないような気はしますなあ。
地元民だけが知ってるヤバい話があるのかもしれませんね。

個人的には多少やんちゃなくらいの方がプロ選手としては期待できると思うんで、「多少」であれば気にすることはないだろうと思うんですが、「多少」では済まないのかもしれません。

地元出身の大スター候補なんだか現時点では獲得の意思くらいは見せておいても良いはずなのに、完全にスルーしているところを見ると、全く獲る気がないということなんでしょう。

ひょっとすると一般には知られてない面白い話があるのかも。
不祥事三拍子の仲澤や、暴行犯桜井級の大物の可能性もありますね。



他には、「キャンプ裏情報」として公のルーキー宮本が取り上げられてました。
題して「ハンカチ王子」は生き返ったが先輩・宮本は…
「ハンカチ王子」こと斉藤佑樹はインフルエンザから復帰したのに、早稲田大の先輩にあたる公の希望枠ルーキー宮本は紅白戦でピリッとしないピッチングで株を下げたという内容の記事。

宮本としては何だかわけのわからない比較をされてて苦笑するしかないですが、昨年の新人王の八木とは違って体がないのでプロで即先発というタイプではないかも。

それにしても、これからしばらく早大と早稲田実出身の選手は「ハンカチ王子の先輩」と言われ続けるんでしょうねえ。

posted by H5 at 22:32| Comment(2) | TrackBack(0) | Tabloid | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。