2008年02月27日

中国飛び込み界の“エリカ様”

タイトルは日刊ゲンダイの記事のパクリです。

中国の飛び込みの金メダリスト郭晶晶さんが傍若無人な暴言吐きまくり、っつう、割とどーでもいい系のニュース。
エリカ様ほどの不機嫌ぶりだったのかどうかまでは、画像を見たわけではないのでわかりませんが、下記の記事を読む限り、発言のインパクトは互角と言えます。


飛び込み界の女王の暴言に批判集まる―北京市

「五輪でのライバルは誰ですか?」との問いには、「ロシアのユリア・パハリナとカナダのデブ(ブライズ・ハートリー)」と答えるなど傍若無人な態度で記者たちをあ然とさせた。


いやあ、晶晶さん、飛ばしてます。凄いです。
だって名前がチ●チ●ですよ<そこじゃないよ。


美人アスリートと言われてますが、この通り、見るからに悪役顔。

チンチン女王様

この悪辣さはミキティに匹敵します(いや、単なる印象です、すいません)。


それにしても、可哀想なのは決して名指しされたわけではないのにメディアによって「デブ」認定を受けたカナダのブライズ・ハートリーさんです。

カナダのデブw

うーむ。
ノーコメント。

ラベル:郭晶晶 暴言
posted by H5 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

根来って何で生きてるの?

パウエルはソフトB入団へ 根来代行が小池会長へ指示

まあ、根来がやることだからこんなもんだってことなんでしょう。
あー見えても法曹家の端くれだからデタラメなことはやらないだろうと思ったのですが、要するにこいつは「法律屋」であって、リーガル・マインドの欠片も持ち合わせてないってことですね

これは、物凄く簡単に言うと、二重契約状態が継続している状態で裁定を下すと法的に齟齬が生じるから、いったん両方の契約を無効とした上で一方と契約することを認めたということで、結局のところ自ら主体的な法的な判断を下すことなく、現状を追認したにすぎません。
確かにこーやれば結果的に違法状態は解消されるわけですが、プロセスが明らかに間違ってるだろ。
とにかく最後の帳尻を合わせることしか考えてないというか。
呆れるしかありません。

こんなのが「代行」という留保付とは言え、コミッショナー職に留まっていること自体がプロ野球にとって危機的状況なのだということを改めて感じさせてくれました。
一刻も早く辞めてもらいたいもんです。


てゆーか、もう、氏んでいいよ。

この際、宮内と一緒にプロ野球界から追放されて欲しいと切に願う次第です。

posted by H5 at 21:05| Comment(5) | TrackBack(2) | Pacific League 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前田に喧嘩を売る茶色

ことしはスピード野球 広島

「このチームが前進していくために必要なのはスピード。10年レギュラーを張った選手もいるが、結果が出てこなかった。何かを変えないといけない」



既に前田愛好家さん(まめ)たぬきさんらが控えめに書かれてますが、これってどー考えても前田を名指しで批判してますよね。
10年レギュラーを張った選手なんて前田くらいですもん。
言ってることに一理はありますが、こーいった個人攻撃と取れる発言をメディアを使って行うのは感心しません。


しかし、本気で前田の代わりに赤松使う気なんですかね?
そーゆーのを日本では「敗退行為」と呼びます。
たぶんアメリカでも同じじゃないかと思うんですけどね。いや、英語で何て言うのかは知らんけど。

茶色って、野球の采配に関してはかなり問題があるけど、選手のモチベーションを向上させるようなアジテーションだけは上手いと思ってましたが、こーゆー阿呆なことをやってるようではそちらの方にも疑問符がつきますね。
こーゆー発言を見てると、どーもマネジメント不良を起こしてるんじゃないかとゆー気はします。要するにどこにフォーカスしていいかわからなくなってるっつうか。

ま、どーあがいても茶色は今年で終わりでしょうし、前田もそれほど先の長い選手でないことも事実なので、実害はないのかもしれませんが、不快ですね。

posted by H5 at 00:25| Comment(3) | TrackBack(1) | Carp | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

「史上2番目の若さ」という事実誤認

今更なんですが、「テニス王子」こと錦織君の偉業について。
どーやらとんでもない勘違いが事実として確定されつつあるようなので、糾しておきます。


続きを読む
posted by H5 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

二流の証

赤松バント失敗で骨折…開幕1軍ピンチ

すでにカープ系blog各所で触れられてますが、怪我人続出で超低レベルとなっているカープの外野レギュラー争いで、押し出され気味に評価が上がりつつあった赤松が故障離脱。

眼窩底骨折ということで経過が心配されたのですが、今日の報道によればどうやらそれほど深刻なものではなさそう。

赤松5日でプレー可能 左眼窩底を骨折

ということなので、比較的早くに戻って来られそうです。

ただ、厳しいことを言うようですが、この手の選手がバントをきちんとできないんじゃ、上では使いようがないですよ。
決して層が厚いわけではない虎の外野陣の中でプロテクトされなかった理由がよくわかります。
このレベルの選手にレギュラーを期待してるようじゃダメですね。
守備固めと代走要因に固定しないと。

と、そんなことを言ってられるチーム状態ではないのが悲しい限りです。
posted by H5 at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Carp | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

大東亜アンフレンドリーマッチ

というわけで、昨日の東亜細亜のアレについて。

鶏冠に血が上っている方々もいらっしゃるようだが、所詮はこれが東アジアのレベルということなのだろう。



続きを読む
posted by H5 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

カボレ、カボレ、そうカボレ、ピタリあっちゃうカボレ

瓦斯ネタ。

揉めに揉めてた昨季Kリーグ得点王カボレの瓦斯移籍がようやく決まりました。

カボレ選手 移籍加入決定のお知らせ】(瓦斯公式)

これで青野−羽生−エメルソンと合わせて、センターライン補強の完成というところですか。
出て行った人たちのことを考えても仕方ないし、補強の方向性としては悪くないと思うんで、あとは個々の選手がフィットするかどうかが問題ということになりますかね。




ようつべにあがってた動画。
某超大型SNSのコミュでは祭状態ですが、こーゆーのはいいところを集めてるんであんまり当てにならないんじゃないですかね。
パッと見た感じ、ヘッドは相当強そうですが、ポストプレイが出来るタイプじゃなさそう。

てゆーか、いいクロス上がってるよなあ。
こんなクロス上げられる選手、瓦斯にはいません orz

ラベル:FC東京
posted by H5 at 20:14| Comment(2) | TrackBack(0) | FC Tokyo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

続・シーズン始まるまでは色々と楽しみがあるものだ

今度は本当にカープの話。

若ゴイ輝く 初の紅白戦

前田健は今年は絶対に上で使わないといかんでしょう。

本当なら去年使ってないといけないんですよ。
二軍で育成、なんて言ってるけど、そんな優秀なスタッフ、今のカープの二軍にはいないんですから。
あんなところにいたって変にいじられておかしくなるだけでしょ。

ひょっとするとまだ一軍のローテレベルには達してないかもしれないけど、今のカープのファームにいていいことなんか一つもありません。
救い出さなきゃダメです。
アメリカ人の監督はメジャーではそーゆーシステムになってるということで、ファームのことはファームに任せるというスタイルを取りがちなんですが、前田健はフロントが強権発動してでも一軍で投げさせないといかんでしょう。

っつうことで、ダグラスを入れなくてもローテーションの6人は埋まりましたね。
長谷川とか計算に入れてどーするんだって話ですが、まあ、エントリのタイトルどおり、シーズン始まるまでは色々と楽しみがある、っつうことで。

posted by H5 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Carp | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シーズン始まるまでは色々と楽しみがあるものだ

まるでカープの話のようですが、瓦斯ネタです。

大竹開幕スタメンを猛アピール

去年の今頃は吉本絶賛キャンペーン中だったことを今更ながら思い出しました。

純粋な左のアタッカーは他に森村くらいなので、マジで開幕スタメンでも驚きはしませんが、溜息は出ます。

はああ。
ラベル:FC東京
posted by H5 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | FC Tokyo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TBSはプロスポーツチームを持つ意味を勘違いしてるようだ

日本ハムTBSの非常識要望を「ズバッ」

朝刊でこのニュースを読んで、思わず脱力してしまいました。
バッカじゃなかろうか、と。


続きを読む
posted by H5 at 22:15| Comment(5) | TrackBack(2) | Baseball, etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

今年のNPB新外国人は粒ぞろいのようだ

NPBのキャンプもたけなわ。今年も新外国人選手たちが栄えあるNPB食わせ者ガイジン・オブ・イヤーの座を目指し、熾烈な争いが繰り広げています。


キニーは4回6失点 西武
指揮官、約20分間マンツーマンでシーボルを指導
ロッテ新守護神アブレイユ評価二分



続きを読む
posted by H5 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball, etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

サカヲタはどーしよーもなく頭が悪いが興行システムはフツーに筋が通っている件について

てゆーか、見る側の頭が悪いからこそ、興行サイドがしっかり整備されるということかもしれませんな。


プレミア海外進出構想 内外の反応冷ややか
プレミアLの海外開催を拒否=18年W杯招致にも影響と警告−FIFA会長

このところサカー界でちょっと話題になってるニュースなんですが、要するにイングランドのプロリーグが収入拡大を狙って他国でリーグ戦を開催しようとして、いろんな方面から総スカン食らってるということみたいです。

どっかで似たような話を聞いたことがあるような気もしますが、これがプロスポーツの興行としてはごく普通の対応だと思うんですよね。
どこの世界に自分の国でプロリーグをやってるのに他所の国のリーグを喜んでやらせる馬鹿がいるんだって話ですよ。

あれ?そー言えば、どっかにそーゆー馬鹿がいましたっけ。

わざわざ自国のプロリーグの開幕戦が行われる日に外国のリーグの試合をやらせた阿呆どもがいたような気がしますね。失礼しました。
どーやら今年もまた同じようなことをやろうとしてるみたいですね。
開幕戦と重ならないよう配慮したってことですか、そうですか。
こんな阿呆なことやってるくせに、メジャーへの選手流出が問題なのでドラフト制度を何とかしないといけないなどと言われても説得力ナッシングですな>どっかの新聞社殿。


posted by H5 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball, etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

大本営発表:新外国人戦線は視界良好

ルイス主戦級 新外国人の通信簿


ルイス:Aランク
コズロースキー:Bランク
シュルツ:Dランク
シーボル:Bランク

だそーで。

はいはい、ワロスワロス。


で、ダグラスのテストはどーなってるの?

こんなノーテンキで現実離れした皮算用で、これ以上外国人は必要なし、なんてお気楽な見通し立ててるんじゃないでしょうね?

この時期の評価なんて当てになりませんよ。
悪いこと言わんから、ダグラスは獲っとけって。

しつこいようですが、価格と実績から見てシーボルはほぼ間違いなく地雷。コズロースキーも地雷っぽいでしょう。
こちらが欲しいと思うような使い出のある選手はどこでも欲しいもんですよ。
サードを守れる大砲とか、先発リリーフどちらもできるサウスポーとか。

使えるのはルイスだけだと思いますよ、常識的に考えて。

てゆーか、新外国人を4人も獲ってそいつらに過剰な期待をしてる時点でチーム編成としては終わってるわけですが、それは今更言っても仕方ないことですかね。

結構真剣に辛いっす。
posted by H5 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Carp | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

「成人だと思った」って…

普段はほとんど触れない時事ネタですが、あまりに腹立たしいので。

少女強姦容疑の米兵 沖縄県警に供述


 中学3年の女子生徒(14)に対する強姦(ごうかん)容疑で逮捕された在沖縄米海兵隊の2等軍曹タイロン・ルーサー・ハドナット容疑者(38)が、沖縄県警の調べに、「20歳を超えた女性だと思った」と供述していることが分かった。逃げようとする少女をしつこく追いかけ、車で連れ回していたことも判明した。


はあ?


アメリカの海軍では、成人はレイプしてもいいんだ。
なるほどね。
さすがは世界の警察様だけあって、我々の常識を超えた倫理観をお持ちのようで。

posted by H5 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Misc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

【パウエル問題】 根来、たまには仕事しろ

オリックスが提訴へ パウエル問題で根来代行に

しつこいようですが、パウエル問題続報。

この件に関する連盟の裁定はどー考えても筋が通らないものだったので、さらに上位組織の裁定を仰ぐというのは当然のアクションではあるのですが、相手があの御仁ではねえ。
自分は檻の肩を持つ気などさらさらないのですが、この件は、あの不愉快な合併騒動以降檻が関係したトラブルの中ではほぼ唯一と言ってもいいくらい、檻の方に正当性がある案件だろうと思います。それがほぼソフトバンク側に満額回答になってしまうというのはどう考えても納得が出来ません。
ことは檻だけの問題ではないのです。
こーゆーデタラメを許したら、正当な契約プロセスが成立しなくなりますよ。
契約業務におけるサイン、つまりは合意の重みを蔑ろにするような行為に公的機関がお墨付きを与えてはなりません。
更に言えば、「世間を騒がした」などというわけのわからない理由でペナルティが定められるというのも問題。不当行為がないのであればペナルティはありえません。不当行為があったのだとしたら、ソフトバンクとの契約は無効です。

ま、根来はあー見えても法曹家の端くれなので、契約問題のような純法律解釈に関して道理の通らないことはしないだろうとは思うのですが。
道理の通らないことを今まで散々やってきただけに、正直不安です。

posted by H5 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Pacific League 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

「フォークの王様」ならボブ・ディラン

フォークの神様、球児に金言


タイトルはmixiニュースでの見出し。
物凄い勢いで「岡林信康かよ!?」というツッコミが入りまくってるのは言うまでもありません。

そー言えば、去年の瓦斯の開幕戦に来てたっけ>フォークの神様。

posted by H5 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball, etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネドベドって何それ?おいしいの?

響き的にはあまりおいしそうじゃないですね。


東京がネドベド獲得へ10億円補強に動く


         \   ∩─ー、    ====
           \/ ● 、_ `ヽ   ======
           / \( ●  ● |つ
           |   X_入__ノ   ミ   そんな餌で俺様が釣られクマ――
            、 (_/   ノ /⌒l
            /\___ノ゙_/  /  =====
            〈         __ノ  ====
            \ \_    \
             \___)     \   ======   (´⌒
                \   ___ \__  (´⌒;;(´⌒;;
                  \___)___)(´;;⌒  (´⌒;;  ズザザザ



てゆーか、カボレはどーした?
posted by H5 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | FC Tokyo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

恒例の外国人投手の休暇取得が既に始まった件について

シュルツ右肩痛で離脱

通常契約上のオプションとして夏休みが付与されているカープの外人投手ですが、今回のシュルツのケースは春休みが与えられていたようです。
このまま今シーズンずっと休んでるんじゃないかとゆー気もしますが。

まあ、投手は足りてるので無問題です<今だけ超楽観主義者。

posted by H5 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Carp | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西武新外国人はディスティファーノ級の大物?

西武、キャンプであわや乱闘?

「ボカチカ打つ」でおなじみの猫の新外国人ボカチカさん。
「日本向きのシュアなバッティング」とか「走攻守揃った」とか、いろんなフラグ立ちまくりでプレイする前から既にもうかなりアレな感じですが、野球以外の面ではかなり期待できそうです。
キャンプで乱闘なんてまさに前代未聞なんで、どーせなら一足早くひと暴れしてもらっても面白かったかも。

猫さんはもう一人のブラゼルも超シアンフロッコ級の匂いをそこはかとなく漂わせていますので、久々に新人さん揃っての食わせ者列伝入りが期待できますね。
90年代の黄金時代再び、という感じでしょうか。

とか言いつつも、実はブラゼルもボカチカもプロフィール見る限りは成功しそうなタイプではあるんで、活躍されても全然おかしくはないんですが、今の猫さんの暗黒オーラを考えると何かやらかすんじゃないかという気がしてならないんですよねえ。
この二人が額面どおり働いちゃったら、フツーに強そうですもんね、ここは。

posted by H5 at 23:02| Comment(1) | TrackBack(0) | Pacific League 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

シーボルが早くも期待通りのビミョーさを漂わせている件について

カープの外国人投手はみんな妙に評判いいみたいなんで、ちょっとドキドキしてます<早すぎるよ。
全員揃って夏休み取るんじゃないか、なんて、今のうちから心配したりして。



続きを読む
posted by H5 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(1) | Carp | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。