2008年03月30日

【今日の鯉】(3/30) 戦力の差はいかんともしがたい

いや、今更そんなこと書いても仕方ないのはわかってるんですが。

一方で、戦力が足りなさそうな燕さんは讀賣相手に3連勝だそうで、讀賣が弱いのか、監督がエラいのか。
っつうってもあの監督、公でGMとしてはいい仕事をしましたが、監督時代は相当にアレでしたから、何だかんだ言って意外と讀賣がマジで弱いのかも。



続きを読む
posted by H5 at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Carp | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【今日のパ・リーグ】(3/30) 更に混迷度を増すパ・リーグ戦線

このカード、昨年のAクラスとBクラスの対戦だったんですね。
今頃気づきました。
で、今日は昨年のBクラスチームが揃って勝ってます。
まさに「下克上」パ。



続きを読む
posted by H5 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(1) | Pacific League 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いよいよ末期症状

語気荒らげるブラウン監督 精神論を強調

「ハート」で打てるならベンチは必要ないんですけどね。
あの場面、梵を責めるなら、フリーで任せたベンチの無策も責められるべき。
自分が何のプランも持ってないのを棚にあげて、選手の気力のせいにするなんて、呆れるしかありません。

今年一年がものすごい無駄なシーズンになるような気がして来ました。


posted by H5 at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Carp | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

【今日の鯉】(3/29) あんまり惜しくない惜敗

◇名古屋
  | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 | R
鯉 | 0 0 0 0 1 2 0 0 0 | 3
竜 | 0 0 3 1 0 0 1 0 X | 5
【鯉】●ルイス(0勝1敗) 青木高 梅津 林 広池
【竜】○朝倉(1勝0敗) 鈴木 S岩瀬(1セーブ)
【本塁打】森野1号(竜) 前田智1号(鯉) ウッズ1号(竜)

ニッカン式スコア


同率ながら最下位に再会


開幕2戦目。
ローテの柱になるべき先発投手。
現時点で考えうるベストオーダー。
継投ミスも采配ミスも無し。
それでこの展開は力の差と言うしかありませんが、そんな当たり前のことを書いても面白くありませんね。
すいません。

ルイスはオープン戦の終盤調子を上げて来てたようだったので、ちょっと期待したのですが、森野に一発食らってからは全くダメダメ。
こんな感じで、良いときと悪いときがはっきり分かれるタイプなのかもしれません。
本来、勝ち星よりもイニング数を投げてくれることを期待していたはずなので、4回での降板は期待外れと言って良いでしょう。
中継ぎも全員ピリッとしませんし、投げる方ではあまり収穫がないゲームでした。
打つ方では相変わらずシーボルがいいですが、これは相手も話が違うと思ってるんじゃないですかねw

posted by H5 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Carp | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【今日のパ・リーグ】(3/29) 混パ

鷹、公が敗れ、猫、鷲が勝ち、上位と下位の差が詰まって混戦模様になりつつありますが、1チームどーしよーもないチームがあるような。
宮内の仕業ですね。



続きを読む
posted by H5 at 21:12| Comment(1) | TrackBack(1) | Pacific League 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

【今日の鯉】(3/28) 大竹の好投は報われず

悔しい引き分けですが、9回以降は毎回サヨナラ負けを覚悟してましたから、逆転されなかっただけ上出来と考えるべきでしょう。


【延長12回規定により引き分け】◇名古屋
  | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 101112| R
鯉 | 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 | 2
竜 | 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 | 2
【鯉】大竹 コズロースキー 横山 林 岸本 梅津
【竜】川上 岩瀬 鈴木 小林 平井
【本塁打】川上1号(竜)

ニッカン式スコア


岸本を早めに諦めたことと赤松をスタメンで使わなかったことは誉めておきましょう。

茶色が自分で決めたとは到底思えないので、内田と幹英が仕事したということなんでしょうな。
内田、幹英、GJ!


赤松の使い方はあれがベストでしょう。最後の場面は代打を出すべきだと思いますが。
岸本は競った場面では使えないということもわかったはず。
リリーフ陣のやりくりは苦しいですが、仮にもプロのチームがこのレベルの投手に頼ってはいけません。
青木勇の状態が上がって来るまでは辛抱ですね。
上野がもう少し良くなってくれると少し楽になるのですが。

嬉しい誤算はシーボルの猛打賞でしょうか。
何かの間違いのような気がしないでもないですが。
posted by H5 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Pacific League 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【今日のパ・リーグ】(3/28) 鷹、鴎本領発揮

猫が迷走気味。
原因ははっきりしてますが。



続きを読む
posted by H5 at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | Pacific League 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セ・リーグ順位予想

明日(日付上は今日)からヤオで低レベ(ryなリーグ開幕だそうで。
毎年やってるので、順位予想をやっておきましょう。


6位 広島東洋カープ

以上


例年と芸風を変えてみましたw(2005年予想/2006年予想/2007年予想


鉄板です。
今年は自信があります。


posted by H5 at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball, etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

【今日のパ・リーグ】(3/27) 若手エースたちの競演

一回ローテが回って、また開幕戦と同じエース対決。
各チームのエース競演ならではの素晴らしい投手戦だったようで。


続きを読む
posted by H5 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(1) | Pacific League 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

【今日のパ・リーグ】(3/26) 鷹止まる

飲み会だったので、試合は見てません。
帰って来たら、ちょうど鴎−鷹戦が終わったところでした。
パ・リーグの灯はまだ辛うじて点ったままのようです。


続きを読む
posted by H5 at 22:23| Comment(4) | TrackBack(1) | Pacific League 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

【今日のパ・リーグ】(3/25) 鷹5連勝一人旅

鷹が強すぎます。助けて下さい。
毎試合、新垣が投げればいいのに。



続きを読む
posted by H5 at 22:38| Comment(2) | TrackBack(1) | Pacific League 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

【今日のパ・リーグ】(3/24) パ・リーグの灯は消えて

何故か変則日程のマンデー・パ・リーグ。
札幌から移動日無しで福岡へと移動させられる鴎が不憫です。
この辺の日程の不公平感は何とかならないもんですかねえ?



続きを読む
posted by H5 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Pacific League 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

【今日のパ・リーグ】(3/23) 猫の新外国人がブロッサー化しつつある件について、そして山本マリーンズフォーエバー

今日は出勤だったので、帰宅してから見られたのは終盤の数イニングだけでした。
それでも見せ場は充分ありましたが。



続きを読む
posted by H5 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(1) | Pacific League 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

【今日の鯉】(3/22) そして誰もいなくなった

こちらもスコアシート見ただけですが、3日連続で同じような展開を見せられると、ため息しか出て来ませんね。

誰ですか、“厚い中継ぎ陣”なんて寝言を言ってたのは?


◇横浜
  | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 | R
鯉 | 0 0 1 1 1 0 0 2 0 | 5
☆ | 0 0 0 1 1 0 0 3 1X| 6
【鯉】大竹 林 岸本 コズロースキー ●広池(0勝1敗)
【☆】寺原 ウィリアムス 那須野 山北 ヒューズ ○マットホワイト(1勝0敗)
【本塁打】石原2号(鯉) 村田2号(☆) 村田3号(☆)

ニッカン式スコア

何しろ弱いチームですからいっぺんにいろんなことが解決するとは思いませんが、永川がダメだから岸本、なんてのは少なくともあまり論理的な解決法とは思えません。
思いつきとか、博打とか、自暴自棄とか、敗退行為、とか、そーゆー類のものでしょ、どー考えても。
ま、オープン戦でわかって良かったじゃないですか。
と、書きつつも、実際には茶色はシーズン入っても懲りずに大怪我するまで使いそうな気がしてますが。
1ヶ月でも通用しちゃえば儲けもんと思ってるんでしょうね。
実際、1ヶ月は相当長いと思いますが。

あと、コズロースキーのボークはどんな感じだったのか気になります。
変な癖があるようだと厳しい場面じゃ出せないですからねえ。

うーむ。
横山ストッパー転向15秒前かも。

posted by H5 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Carp | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【今日のパ・リーグ】(3/22) 破壊神降臨

開幕戦から一日空いて、変則開催となった二戦目。
ガキのサッカーの試合で一日外出したので、全く映像は見てません。
っつうことで、スコアシートを見た印象のみでのレビューです。




続きを読む
posted by H5 at 21:12| Comment(2) | TrackBack(1) | Pacific League 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

【今日の鯉】(3/20) 一歩前進、一歩後退

パ・リーグの試合の合間にチラ見してましたが、まるで昨年のVTRを見るような見事な展開でお腹一杯になりました。

新井がこちらにいたら勝ってましたけどね<禁句。



◇倉敷
  | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 | R
珍 | 1 1 0 0 0 0 0 1 2 | 5
鯉 | 0 2 0 1 1 0 0 0 0 | 4
【珍】ボーグルソン ○アッチソン(2勝0敗) S阿部(2セーブ)
【鯉】高橋 青木高 青木勇 広池 ●永川(0勝1敗) 林
【本塁打】新井2号(珍) 鳥谷1号(珍) 新井3号(珍)

ニッカン式スコア


収穫は永川が打たれたこと。
凶報は赤松が打ったこと。

これだけチームがダメな状態だと、今までいなかった選手に期待したくなるのはファンとしては当然のことですが、ベンチがファンと同じレベルじゃあどーしよーもないんですよ。

この期に及んで木村や赤松を使い続けてる茶色はどーかしてます。
彼らがレギュラーとして使えるという根拠を示して欲しいものです。
彼らが緒方や東出より上だと本気で思ってるなら、ビョーキですね。

posted by H5 at 20:31| Comment(2) | TrackBack(0) | Carp | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【今日のパ・リーグ】(3/20) 開幕!

遂に全世界20億人のパ・リーグファンが待ちに待った開幕です。
今年も気力が続く限りレビューを続けて行きたいと思いますので、お付き合い願います。

さて、今日の開幕戦、3試合とも僅差の好ゲームとなりましたが、いきなり最初から良い意味でも悪い意味でも各チームの特色が良く出たゲームだったと言えるんじゃないでしょうか。




続きを読む
posted by H5 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(2) | Pacific League 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

パ・リーグ順位予想

明後日から開幕なので、予想しときます。

1.
2.
3.
4.
5.
6.


コメントは特になし。
自明でしょう。
posted by H5 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(1) | Pacific League 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

【今日の瓦斯】(3/15)やっぱり前途は多難か(3/16追記分)

新潟 2-3 東京

今、J-Sportsの録画見終わりました。
結局、きちんとした形で獲れた点は先取点となった梶山→石川→エメルソンのゴールだけでしたね。
いろんな意味でラッキーでした。
それでも前半(特に35分くらいまで)は、中盤の速いプレスからボールを奪って自在に展開する良い形のサッカーができていましたが、運動量が落ちた後半は受身に回ったこともあってボロボロでした。
まあ、前半のサッカーを90分、1シーズン通してできたら、マジで優勝しちゃうと思うんで、そんなのは人間には無理ですから、運動量が落ちた後半もリードを守り通せたのは全くもって幸甚というしかありません。

守りきったというよりはどっちかというと相手の拙攻に助けられたという感は強いですが。
てゆーか、率直に言ってアレッサンドロの不調(あれが実力なのかもしれませんが)が全てでしょう。
交代させようにも駒がないから、最後まで出したのだと思いますが、ベンチにまともなアタッカーがいたら逆転されてましたね。

この展開で負けなかったことだけが収穫、とまでいうとやや酷ですが、まだチームが目指す「ムーヴィング・フットボールw」の真価を評価するところまで至っていないというのが正直なところ。
やりたいことはわかるんですが、何となく無茶な理想論を追っかけてるような気がしないでもないです。

posted by H5 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | FC Tokyo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。