2008年10月29日

ドラフト前夜

情報が錯綜して来ました。

横浜が赤川とか松本とか巽とか言い出したので、大田はひょっとすると讀賣とソフトバンクだけになるかもしれません。
楽天は空気読まずに行くんじゃないかと思うんですが、現場が即戦力欲しがるような気もするんで、野本入札もあるのかなと思ったり。
ロッテも読めませんが、変なブラフかけまくってる割に蓋を開けたら結局木村なんじゃないかとゆー気はします。甲斐の一本釣り、という可能性もありますが。あの馬鹿毛唐はそーゆーの好きそうだし。でも即戦力優先でしょうね、フツーに考えて。

どこか田沢を6位とかで指名しちゃえば面白いと思うんですが、今はそこまでの荒業ができるところはないでしょうね。
根本が生きてたら絶対やっただろうと思うんですが。
てゆーか、何位だろうが指名しちゃえば優先交渉権が発生することはメジャーも了解済みなんだから、本当に評価してればルールに従って指名すればいいだけだと思うんですよね。
それこそ、「何も悪いことはしてない」んですからw
契約した後、ポスティングでメジャーに売っちゃえばいいんですよ。
そーすれば、日本の「人的資産」が無償で海外に流出するという状況は避けられるわけです。
MLBだったら絶対これやるよね。


posted by H5 at 23:41| Comment(2) | TrackBack(0) | Draft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
田沢を6位で指名して入団してくれればポスティングで売るという裏技も出来ますが田沢が入団するのかというのとメジャーが入札する(程価値のある選手とは思えない)のかと言う点で現実味はないでしょう。
てかこの程度の選手はメジャーで何順目で指名されるレベルなのかは知りたいところです。
Posted by もち at 2008年10月30日 02:04
>もち様

勘違いしてたんですが、今はドラフト指名の独占交渉権は
1月末までしか効力がないんですね。
だとしたらこの策はあまり意味がありません。
1月末まで待てばメジャーと交渉できますから。

日本の社会人のレベルはかなり高いので、
メジャーでも1順目に指名されるくらいの力はあるかも
しれません。
何しろ30球団もありますからね。
さすがに全体の一桁ということはないと思いますが。
Posted by H5 at 2008年10月30日 21:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108796143

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。