2010年10月28日

2010ドラフト短観(パ・リーグ)

ドラフトの感想の続き。
パ・リーグ編です。



【鷹】
1 山下斐紹 捕 習志野高
2 柳田悠岐 外 広島経大
3 南 貴樹 投 浦和学院高
4 星野大地 投 岡山東商高
5 坂田将人 投 祐誠高
 <育成>   
1 安田圭佑 外 四国・九州IL高知
2 中原大樹 内 鹿児島城西高
3 伊藤大智郎 投 誉高
4 千賀滉大 投 蒲郡高
5 牧原大成 内 城北高
6 甲斐拓也 捕 楊志館

大石じゃなくてハンカチ入札にも驚きましたが、外れ1位の山下入札にはビックリしましたねえ。
2位以下も含めてほぼ即戦力を諦め潜在能力重視の指名。
唯一の大学生の2位柳田にしてもアスリートタイプで時間がかかりそう。
南、星野も完成度よりもスケール感を買っての指名でしょうし、ここまで徹底すると潔いほど。
ただ、来年の戦力補強という観点では完全なゼロ回答なので、トレードとかFAとかで補わないといかんっつうことでしょうな。


【猫】
1 大石達也 投 早大
2 牧田和久 投 日本通運
3 秋山翔吾 外 八戸大
4 前川恭兵 投 阪南大高
5 林崎 遼 内 東洋大
6 熊代聖人 外 王子製紙

去年の菊池に続いて、今年もナベQのゴッドハンドがドラフトの目玉を釣り上げました。
しかし、菊池ほどじゃないにしても、大石も若干の地雷臭が漂うのが心配なところ。
大学でリリーフしかやってないってのはちょっとヤバいんじゃないかと思うんですよねえ。
潜在能力は間違いなく一級品ですが。

ただ、アンダースローの変則派牧田とか、実質大学ナンバーワン野手の秋山を2,3位で抑え、甲子園で活躍した林崎、熊代といったあたりを下位で拾った指名はなかなか豪華。
指名した名前だけ見るとやっぱここが一番の勝ち組っつうことになるんですかね。


【鴎】
1 伊志嶺翔大 外 東海大
2 南 昌輝 投 立正大
3 小林 敦 投 七十七銀行
4 小池翔大 捕 青学大
5 江村直也 捕 大阪桐蔭高
6 藤谷周平 投 南カリフォルニア大
 <育成>
1 黒沢翔太 投 城西国際大
2 山口祥吾 投 立花学園
3 石田淳也 投 NOMOベースボールク

伊志嶺は去年の荻野の再来を狙って1位指名して来るチームがあるかなあ、と思ってたら、鴎が柳の下のどじょうを狙って来るとは。びっくり。
足の速い右の外野手ばかり獲ってどーすんだって感じですが、2位で怪我してなきゃ1位クラスだった南を拾ったので、これが使えればそんなに悪い指名でもないということになります。
6位の藤谷は隠し球。化けると面白そう。
全体的にやや失敗感が漂うビミョーな指名ですが、馬鹿毛唐が仕切ってた一時期の本当に酷い意味不明のドラフトに比べるとだいぶマシになったと思います。



【公】
1 斎藤佑樹 投 早大
2 西川遥輝 外 智弁和歌山高
3 乾 真大 投 東洋大
4 榎下陽大 投 九産大
5 谷口雄也 外 愛工大明電高
6 齊藤 勝 投 セガサミー

斎藤に横槍とか馬鹿じゃねえのプププ。
とか思ってたら、3位で乾、4位で榎下とか抑えるあたりがさすがドラフト巧者。
籤運も含めて、ここには勝てませんわ、やっぱ。
2位の西川が明らかに瑕になってますが、それ以外は文句なし。
まあ、斎藤だって、先発なら糸数くらいはやるでしょうし、中継ぎに回ればそこそこ使い出が良さそうなんで、悪い指名じゃないんですよね。1位で4球団も重複するのがおかしいだけで。
澤村、大野が面倒なことになってるんで、即戦力としてみると斎藤が一番という判断だったのでしょう。鷹が来るとは思ってなかったので、重複3球団なら営業的なものも考えて行く価値ありと見たということだと思います。一つの見識として「あり」でしょう。
見事です。


【檻】
1 後藤駿太 外 前橋商高
2 三ツ俣大樹 内 修徳高
3 宮崎祐樹 外 セガサミー
4 塚原頌平 投 つくば秀英高
5 深江真澄 外 関西独立・明石

ご愁傷様です。
宮内に対する天罰です。
結果的に将来性重視の指名になってますが、もともとはそーゆー意図はなかったはず。
どんでんは当然即戦力を欲しがってるはずなのに、候補を全部持っていかれたのか。
ま、怪我の功名的にこの中から将来の主軸になるような選手が出ることを祈るのみです。
客観的に考えて非常に厳しいですが。
ま、この球団にしてはこのところ妙にいいドラフトをしてたので、偶にはこーゆーのもないと釣り合いが取れないですからね。
1位の後藤は、足が速いわけでも守備が巧いわけでもなくて、単純に当てるのが巧いだけの巧打者タイプ。3位あたりだと育つ可能性もありますが、1位だと潰されるタイプの典型。

【鷲】
1 塩見貴洋 投 八戸大
2 美馬 学 投 東京ガス
3 阿部俊人 内 東北福祉大
4 榎本 葵 外 九州国際大付高
5 勧野甲輝 内 PL学園高
 <育成>
1 加藤貴大 投 北信越BC富山
2 木村謙吾 投 仙台育英高
3 川口隼人 内 滋賀高島ベースボールクラブ

外れ1位の塩見は今ドラフト最大のダウト。洗平を彷彿とさせます。
美馬は実戦的で中継ぎでそこそこ使えそうですが、2位で獲るタマじゃないだろうと思いますね。下位指名の榎本、勧野は育たない可能性大の長距離砲。
どーもこの球団は経験値が上がってこない感じがしますねえ。



っつうわけで、ドラフトヲタ的に印象が良いのは、猫、公、讀賣、鯉あたりだと思いますが、ドラフト前の評価なんて当てにならんですからね。


posted by H5 at 21:45| Comment(2) | TrackBack(2) | Draft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらでは、鷹の1位指名にびっくりしました。
キャッチャーですか…と。間違ってはいないのですが。
田上の賞味期限が切れる前に育てきれるか心配ですね。

猫はピッチャー獲ったのはいいのですが、この中の
何人が俺達になるのか心配ですね。
打者育成のノウハウがあっても投手育成のノウハウがないので。

鴎は外野手多くないかなぁと思っていましたが、
大塚が引退しているし、そうでもないのかなぁと。

公はリスクを減らしてうまく進められたのかな、と。
ポイントはしっかり押さえられていますね。
うまく行くかはこれからの育成次第ですが。

檻はどんでんのくじ運は異常ですね。としか。
逆に後藤を獲れというお告げだったのかもしれません。
こういった選手が活躍するケースもありますし。

鷲はどうしたいのかよく分からないドラフトでした。
編成は仕事しているのでしょうか。
Posted by コンフリート at 2010年10月29日 00:56
>コンフリート様

鷹は斎藤以外の大学・社会人投手は即戦力として評価して
なかったんでしょうな。
かなり大胆な評価だとは思いますが、編成というのは
あくまで現戦力との比較評価が必要なので、それも
一つの見識なのでしょう。
選手構成から考えて上位での捕手の指名は間違ってないとは
思いますが、この面子で山下が1位に相応しいかというのは
また別の話ということでしょうか。

鷲はマー君を引いたり、育成から内村や中村真が出たり、
何となく上手く行ってたんですが、スカウティングの
基本的な目線がちょっと間違ってるんじゃないかという
感じはしますね。


Posted by H5 at 2010年10月30日 23:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

新人選手選択会議 (ドラフト会議) を開催
Excerpt: 2010/10/28   東京都内の新高輪プリンスホテルにて、新人選手選択会議 (ドラフト会議) が行われ、全68選手が指名を受けた。 また、同時に育成選手選択 (育成ドラフ..
Weblog: やっさん日記
Tracked: 2010-10-29 02:32

山下斐紹 YouTube
Excerpt: 明日の話題は、コレでいこう……******人気ジャンルのNo.1を ナナメ読み♪できる情報******2010ドラフト短観(パ・リーグ) ドラフトの感想の続き。 パ・リーグ編です。 【鷹】 1 山下斐..
Weblog: 要件事実の考え方と実務
Tracked: 2010-10-31 11:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。