2007年11月04日

パクるっていうレベルじゃねえぞ

久々の音楽ネタ。


あれってオリビアじゃないの!? そっくりさんの歌声、テレビCM席巻

何か変だなあ、と思ってたんですよね、あのCM。
ヒットした当時馬鹿みたいに聴いたので、結構記憶に残ってたんですが、その記憶にある音とビミョーに違ってる感じはしてたんですよ。
ただ、カバーにしては全体的に似すぎてるし、自分の記憶の方がおかしかったのだろうと思ってました。
まさか、こんなオチがあるとは。
ソフトバンクは、"Xanadu"だけじゃなくて、前の"Copacabana"も何か怪しいと思ってたんですが、どーなんでしょ?

記事によればこの手の「偽装」は結構あるようで、中国の偽物文化を笑えないというか、やってることは偽ミッキーなんかと同じじゃないかっつう気がしますね。
著作権で一儲けしようとしてるブローカーどもや原理主義的に著作権を振りかざす連中もどーかとは思いますが、だからと言って、こんな詐欺まがいの手口を堂々と使うのが許されるわけではありません。
明らかに権利侵害でしょう。

これが日本のアーティストの曲ならこんな無茶なことは絶対にしないはずで、外国の曲で関係者も皆外国にいてどーせわからないだろうから大丈夫的な意図があるのは明白。
まさに漢民族コピー文化の発想じゃないですか。

問題が明るみになる前に、もう少し真摯に対応して欲しいもんです。


タグ:洋楽 CM
posted by H5 at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あのニュースのツボは、むしろ
「キャメロン・ディアスだのブラピだのであんなに何本もCM作っといて、BGMでそんなショボい経費節減してるのかよっ!」
という如何にも損様の会社らしいハリボテ的見栄張り精神だと思った有芝です。
Posted by 有芝まはる(ry at 2007年11月12日 00:10
>殿下

お久です。

おっしゃるとおり、見えないところは手を抜くというのがいかにもソン様クォリティ全開ですね。

ただ、意外とショボくないくらいの経費節減になるのかも。
オリビアさんあたりだったら、ウン千万くらいのことは言いそうじゃないですか。
「イルカを殺すような野蛮な国」wプレミアムも考慮すると。

Posted by H5 at 2007年11月15日 00:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/64533433

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。