2008年12月25日

銭ゲバ池沼毛唐の自己正当化キャンペーンが始まりましたよ

年俸返上を申し入れ HPで、バレンタイン監督
球団は否定!バレンタイン監督が年俸返上申し入れ

寝言は寝て言え。


 ▼ロッテ・瀬戸山隆三球団社長の話 (21日の話し合いの中で、年俸返上の申し出は)一切なかった。外国人選手を取るために、年俸の一部を使ってもらってもいい、という話はあったが…。


で、その外国人選手の年俸からリベートが払われるので行って来いになるということですね。わかります。

本当にふざけた下衆野郎です。
豚同様にNPBから永久追放でいいですよ。

posted by H5 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

2008年11月01日

サイコな讀賣ファンに神の称号を与えようとする基地外フロントは死ぬべきだ

長野の件は本来、この程度の五流選手に何ムキになってるんだ?っつう話で終わりでしょう。
大学卒業時にサイコな拒否り方をしたことで変に評価が上がってしまってますが、冷静に考えれば、中位あたりで取れればという評価が妥当な選手です。
こんなのを2位で指名する方も指名する方だけど拒否する方もする方でどっちもどっちだと思ってたんですが、指名した方は遂に発狂したようで。

続きを読む
posted by H5 at 17:58| Comment(3) | TrackBack(0) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

困ったもんだ

ロッテ今オフ大流出も…9選手FA取得

全く仕事をしてないどころか足を引っ張るだけの池沼毛唐に年俸5億とか金をドブに捨てるような阿呆なことをやってるんだから選手が逃げていくのは当然。
早いとこ毛唐をやめさせて選手に金使えよ。
きちんと成果に見合った報酬分配をしないと組織がグチャグチャになるぞ。


とは言え、選手の方にも明らかに勘違いしてる阿呆もいるわけで。

 「(メジャー挑戦も)視野に入れている。2年前は自信がなかったが、バットマンとしてレベルアップできる場所もありかなと思う」。選択肢にメジャーがあることも明言した。


サブローがメジャーですって(プゲラ

バットマンとしてレベルアップできる場所もありかな

ないよ。
ラベル:バ監督氏ね
posted by H5 at 23:49| Comment(4) | TrackBack(0) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

銭ゲバ池沼毛唐は来年も日本に居座るようだ

バレンタイン監督に来季の続投要請…球団社長

絶望した。
アホじゃないの?

瀬戸山マジ氏ね。

ラベル:バ監督氏ね
posted by H5 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

2001年山本マリーンズの記録

マリーンズblogの大御所マリンブル-の風さんが【TB・コメント企画】 語り継ぎたい 山本マリーンズの話というエントリで山本マリーンズ時代の話を募集しております。

この企画、blogタイトルの下に「山本マリーンズマンセー!」を掲げる本blogとしてはスルーできません。

既に1/13付でblog管理人である薫友さんが2001年の山本マリーンズの奮闘ぶりの一幕を伝えるエントリをあげてらっしゃいますが、確かに山本マリーンズのピークは2001年だったと思います。

今は亡きバファローズが猛打で前年最下位からまさかの優勝を遂げた年。
サブローがキャンプでセカンドコンバートされた年。
ジョニーが戦線離脱した年。
あの伝説のボーリックの逆転サヨナラ満塁ホームランが飛び出した年。

思い出すに懐かしさが込み上げて来ます。

思い起こせばあの年の後半ジョニーのリタイヤとともに失速したことから山本マリーンズの真の迷走は始まったのでした。

と、ひとしきり懐かしさに浸っていると、ふと、あの年のマリーンズの戦いを「さるさる日記」に記録していたことを思い出しましたので、ここで紹介しときます。
完全に自分用の記録のつもりで書いてるので不適切な表現が至るところに出てきますが、ご容赦下さい。

しかし、今改めて読み直すと、途中までマジで優勝できると思ってたような節があって、かなりイタいですなあ。



posted by H5 at 01:05| Comment(1) | TrackBack(0) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

世界に羽ばたくYFK

「YFK」(これもスポーツメディアがデッチあげた呼称ですが)が全て退団ということになりそうで、恐らく「YFK崩壊」とか書かれるんでしょうけど、そんなもん、とっくに崩壊してますってw

続きを読む
posted by H5 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

御心が天に行われるがごとく地にも行われた件について

戦力外通告について】(鴎公式)


遂にこの世に正義が行われる時が来ました。
まさに御心の賜物です。

アーメン。


つまり、アレですか。バ監督としてはもうこいつらからのキックバックは充分手に入れたから用無しってことですか。
来年は荻野と川崎あたりからキックバックを取ると。

本来、戦力外通告をすべき輩はこいつだと思うんですけどねえ。


posted by H5 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

戦力外通告

ロッテ、黒木に戦力外通告 本人は現役続行を希望

復帰後の成績を考えると、この日が来るのはむしろ予想より遅かったと言うべきなのかもしれません。

2001年に右肩を故障してから、2年以上に渡る長期のブランクもあり、6年間でわずか16試合の登板で3勝をあげたのみ。
純粋に「戦力」として考えたら、チームが彼をとどめておく理由は全くありません。
ただ、彼は紛うことなく、あの時代のチームを支えた功労者であり、あの頃を知るファンの人気が彼の現役生活の継続を後押ししていたと言っても過言ではないでしょう。
古き良き時代(「良き」ではなかったかもしれませんが)の象徴とも言うべきプレイヤーでした。
けれども、現在、26がどーしたとかゆー下らないイメージチェンジ戦略を進めている球団から見れば、その存在は必ずしも必要ではなくなった、いや、むしろ邪魔になった、ということなのかもしれません。

また一つ、自分が愛した「ロッテ」が失われていきます。
これでもう、私がこのチームを見る理由も語る意味もほとんど残されていません。


あるチームを応援し続けるということは結局のところ、そーゆーものなのかもしれません。


posted by H5 at 23:00| Comment(5) | TrackBack(1) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

またもや鴎⇔檻のトレード

平下選手トレードのお知らせ】(鴎公式)
ロッテマリーンズとのトレード成立のお知らせ】(檻公式)

昨オフも含めると今季既にこの2球団間のトレードは3件目。


纏めると、

辻ちゃん+康介+平下⇔早川+吉井+金銭

ということになります。
今までのところどーやっても早川を貰った鴎が一方的に得をしていることになってますが、長い目で見るとどーなんですかね。
一概には言えませんが、ビミョーであることは疑いありません。
吉井の獲得は恐らく久保の故障と関連しているのでしょう。
今シーズンどころか、久保が戻ってくるまでの2ヶ月ちょっとの間穴を埋めてくれれば良いというトレードで、このクラスの人材の流動性が非常に高く、人的リソースが実質的にほぼ無尽蔵であるメジャーでは良くあるケースですが、リソースに限りがある日本の状況にはそぐわないトレードと言って良いでしょう。

まあ、3年後には確実にチームにいない銭ゲバの毛唐を現場の責任者と編成の責任者を兼務させるなどというガバナンス意識が決定的に欠如したいかにも同族のファミリー企業としか言いようの無い企業に長期的なビジョンなど求める方が間違っているわけですが。


平下の鴎時代のイメージはあまりありません。
牛時代からずっとイマイチ突き抜けないままで、これで4球団目のプロ生活となります。
常時使ってもらえればそこそこの成績は残すのでしょうが、常時使いたいと思えるだけのパフォーマンスを打つ方で見せて来ていないのは事実。
檻の外野陣も決して層が薄くはありませんから、厳しいんじゃないでしょうか。
背水の陣と言えるでしょう。

思い起こせば、酒井、面出、平下で北川(+2人)を獲った牛が一方的に得してるわけですね。

posted by H5 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

マリーンズの編成担当が「マリンブルーの風」から補強プランを剽窃した件について

ホセ・オーティズ選手の入団決定】(鴎公式)

オー(ry キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!


オー(ry選手の今季成績(マイナー)

薫友さんのネタ予言的中!
本当に来ちゃいましたよwww

マリーンズの編成担当(って誰なんだ?)はより効果的な補強プランを立てるためにファンblogのチェックまでしているようですねw

外国人を獲って来るのはバ監督の役目だと思っていたのですが、ズレータに続いて他球団のお古外人獲得ということになると、外国人獲得方針がビミョーに変わってきているのかもしれません。
まあ、あんだけ外れを掴まされた上にキックバックを懐に入れられたんじゃ、やり方を変えようと言う動きが出て来て当然ですし、それがまともな組織というものでしょう。

いくらメキシカン・リーグとは言え.400という打率は凄いですから、ひょっとすると檻在籍時とは違ってセギノールのように一皮向けたのかもしれませんが、そこは天性のネタ外人だった方ですから、油断は禁物。
いや、むしろ、エカエカしさが足りない今のマリーンズに、エカスピリットと並び証されるポレスピリットを注入してくれるかもしれません。
そーゆー意味では期待大です。

あの伝説のセカンドオー(ryが見られるかと思うだけでワクワクしますね。
まさか、DHで使うなんて野暮なことはしないで下さいね>バ監督。
posted by H5 at 20:38| Comment(2) | TrackBack(2) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

【園様2世】康介トレード【年に1度の好投】

ロッテ加藤がオリックスへ 金銭トレードで
加藤投手トレードのお知らせ】(鴎公式)


ちょっと唐突だったのでビックリ。
まあ、このところの使われ方を見ていると、あんまり先は長くないだろうなあとは思ってたので、トレード自体は想定の範囲内なのですが、金銭というのが何とも。
貴重な左腕なんだから、うまく商売すれば良いのに。


左不足の檻としては良いトレードでしょう。
今一軍にいる高木よりは使い出があるんじゃないですかね。
とりあえず、今年はまだスーパー康介になってないので、少なくとも1回は使えるはずです。
しかし、困ったことにまた檻に好きな選手が増えちゃいましたよ。
どーしましょ。


それにしても、鴎からエカエカしさがまた一つ失われていきます。
山本マリーンズマンセーな私としては、非常に残念です。


新天地での活躍を期待します。

posted by H5 at 01:24| Comment(2) | TrackBack(0) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

ズレータ外野守備につく

昨日の檻−鴎オープン戦、オクボーン大炎上くらいしかネタがないかと思ってスルーしてましたが、大変なことを見落としてました。

◇明石
  | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 | R
鴎 | 0 0 0 0 0 5 4 0 2 |11
檻 | 0 1 0 1 1 0 0 1 0 | 4
【鴎】呉 神田(1勝0敗)高木 小林雅 中郷 川崎
【檻】平野佳 ●大久保(0勝1敗) 高木 萩原 中山
【本塁打】今江1号(鴎)竹原1号(鴎)

ニッカン式スコア

スコアシートよく見てみたら、

(左) ズレータですって?


遂に
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!


全国6000万人のパ・リーグファン待望の外野手ズレータ再降臨じゃないですか。

しかもライトはワトソン。
これではセンターのサブローは過労死寸前。超過手当てが必要です。

ここまでやったら是非、ワトソン、ベニー、ズレータの外国人外野トリオも見てみたいものですね。
一昨年のフランコ、ベニー、スン様を上回るデンジャラス・ゾーン。
あまりにスリリングすぎて心臓麻痺で倒れる人が出て来るんじゃないでしょうか。

posted by H5 at 19:55| Comment(2) | TrackBack(0) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

【今日の日刊ゲンダイ】 ロッテの内紛ネタなんて誰が興味あるんだ?

久々の日刊ゲンダイネタ。

裏一面は相変わらずメジャーネタですが、今日から始まったプロ野球関連の新企画がなかなか面白そうなのでヲチしていきたいと思います。

題して「どこよりも早い内紛情報」


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!


やっぱり日刊ゲンダイはこーじゃなくっちゃ。


しかも、記念すべき第1回は「ロッテの巻」ですってよ、奥さん。
いやあ、時代が変われば変わるものですねえ。
この手の企画で最初に出るのは讀賣か阪神というのがお約束でした。
ロッテなんて、中で揉めてようが、揉めてまいが、誰も興味がなかったものですが、すっかり人気チームみたいになっちゃいましたねえ。


ということで、記念に全文甜菜(ぉぃぉぃ)。




続きを読む
posted by H5 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

渡辺俊介に変なものが憑いていそうな件について

日刊ゲンダイネタ続編。

裏一面の清原ネタ以外のパ・リーグネタとしては、鴎の渡辺俊介ネタが載ってました。

「ぎこちないフォーム」目指す渡辺俊とナインの関係がぎこちなくなっている
だそうで。

左打者対策として、左打者のスローカーブのような軌道を目指してチェンジアップ習得に勤しんでいるものの、ナインは「それより持ち球を磨くのが先だろう」と首をかしげているとか。

さらに

クレージーな発想はこれだけではなかった。渡辺俊は不調に終わった昨季から何とも奇妙な練習に取り組んでいるという。
「投球フォームをわざとぎこちなくするというのです。『好成績だった05年は体の調子が万全ではなかった。昨季は、野球人生で一番体調が良かったのに打たれた。何でなのかと考えた結果、体が動きすぎるからという結論に落ち着いた』と言って、意識的に関節の可動域を小さくするトレーニングを重ねている。オフには『ようやく(フォームが)ぎこちなくなってきた』と喜んでいました」(球団関係者)


頭、大丈夫?

やっぱ、クス(ryが足りないんですかね?


何ていうか、この人って、圧倒的にセンスを感じないんですよね。
努力してるのはわかるけど、無理っぽい感じ。
posted by H5 at 21:14| Comment(2) | TrackBack(0) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

リアル「ドキドキしただろう?ハッハッハッハ」

ドキドキしただろう?ハッハッハッハ
某炎上スレより
(大本は鴎公式サイト)。

     (ヽ_        /)
   ((⊂ iつ ∧_∧⊂ i つ))
   /∠彡(Θ щ Θ)_ゝ\  < ドキドキしただろう?
  ( ___、     ,___ )   ハッハッハッハ
        |  30 /´
        |    /




ワロタ
posted by H5 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

ロッテネタ三題

日刊ゲンダイネタじゃなくて日刊スポーツネタ。

キャンプイン後1週間が経過、やや中だるみ気味でネタ切れ気味の中、いかにもロッテらしい素敵な話題を提供してくれているので華麗にサラッと触れておきましょう。



続きを読む
posted by H5 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(3) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

2006年12月25日

ライトズレータ伝説ふたたび

契約交渉がこじれにこじれていたズレータ、遂にホークスは再契約を諦めたようです。
当然他球団も手を出してくるだろうと思ってたら、なんと、移籍先の最有力候補はロッテなんだそうで。

ズレータ退団 ロッテ移籍へ ホークス】(西日本スポーツ)
ロッテ、ズレータ獲得か ソフトBは交渉打ち切り】(時事通信)



続きを読む
posted by H5 at 23:49| Comment(2) | TrackBack(1) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

もう自分は「マリーンズ・ファン」ではないのだろう


このところ明らかに意図的にマリーンズ関連のエントリを避けてるのですが、それには理由があります。

つまるところ、千葉ロッテマリーンズという球団への不信感がどうにも抗いがたいものとなってしまったということです。


「マリンブルーの風」の薫友さんや「関東黒鴎組通信 Returns」のBlackMarinesさんが、球団の営利姿勢に対して厳しい指摘をされています(これとか、これとか)が、それらのエントリがほぼ自分の思いをソフトな語り口で代弁して下さっているので、私が口汚く罵るのは止しておきます。

自分の思いはさらに過激なものではあるのですが。


続きを読む
posted by H5 at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。